[PR]

 草津市矢橋町の田んぼで、市立老上(おいかみ)西小学校の5年生109人が稲刈りをした。子どもたちは黄金色に実った稲を鎌で丁寧に刈り取った。足踏み式の脱穀機の体験もあった。

 老上西小は今年4月に開校。児童らは5月に学校のそばにある約4アールの田んぼで田植えをし、地域のボランティアらでつくる「老上西農業合校(がっこう)」(宇野四郎代表)の協力を得て、14日に収穫にこぎつけた。収穫したお米は後日、おにぎりにして、みんなで味わうという。(八百板一平)