[PR]

 静岡県御殿場市で11日夕、在日米陸軍の航空大隊所属のヘリコプター「UH―60」が民間工場の駐車場に着陸していたことがわかった。同市などによると、事前の連絡はなく、米軍は「安全のために着陸した」と説明したという。けが人や物的被害はなかった。

 御殿場市や防衛省南関東防衛局によると、ヘリは11日午後4時52分ごろ、同市神場の製造業「ショーワ」第1工場の駐車場に着陸し、約1時間後に離陸した。日米共同訓練の開会式に参加し、陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場(滋賀県高島市)から米軍キャンプ座間(神奈川県座間市、相模原市)に戻る途中だったという。米軍は同防衛局に「悪天候で視界が悪く、管制塔との通信が途切れたことから安全のために着陸した」と説明したという。

 ショーワ総務・法務課によると、第1工場は日曜で操業しておらず、従業員駐車場は空いていた。担当者は「休みだったのが不幸中の幸い。事前に連絡がほしかった」と話した。

 御殿場市の若林洋平市長は朝日新聞の取材に「危険回避の不時着というのは正しい判断だが、どうして管制塔と連絡が取れなくなったのか。再度確認して欲しいと南関東防衛局に申し入れた」と話した。