[PR]

 三菱商事は、コンビニ大手ローソンを子会社化する方針を固めた。株式公開買い付け(TOB)により、出資比率を現在の33・4%から50・1%に引き上げる。買収額は約1500億円規模となる見通しで、近く発表する。コンビニ業界は再編が進んでおり、ローソンへの経営関与を強めて上位2社に対抗する。

 三菱商事は現在、ローソンの筆頭株主。ローソンは子会社化を通じて商品調達力を高めるほか、三菱商事の持つネットワークを生かし、成長が見込めるアジアなど海外展開を加速させる考えだ。

 コンビニ業界では、伊藤忠商事が出資するファミリーマートが今月1日、サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスと経営統合。合計店舗数で首位のセブン―イレブン・ジャパンの約1万9千店に次ぐ2位になり、約1万3千店のローソンは3位に転落した。

 三菱商事は資源価格の低迷が響…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら