天皇、皇后両陛下は28日から4泊5日で岩手県を訪れる。生前退位の意向をにじませた天皇陛下のお気持ち表明後、初の東日本大震災の被災地訪問となる。地方へは2泊3日での訪問が大半だが、両陛下の強い希望もあり、長い日程となった。津波で大きな被害を受けた大槌町には、特別な思いで両陛下を待つ人がいる。

 宮内庁によると、両陛下は28日に特別機で花巻空港に到着後、遠野市、釜石市と移動する。29日は被害の大きかった大槌町と山田町を震災後初めて訪れ、復興状況を視察。30日に内陸に戻り、10月1日に北上市で開かれる国体の開会式に出席する予定だ。

 県内の移動はすべて車。走行距離は300キロメートル超に及ぶ=表。

 80歳を超える両陛下にとって過酷にもみえる行程だが、両陛下は震災直後から、被災地に強く思いを寄せてきた。天皇陛下は8月のお気持ち表明でも、天皇の務めについて「時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました」と述べていた。

■ハマギクがつなぐ陛下との縁

 大槌町では、両陛下は千代川茂さんが経営する浪板海岸のホテルに泊まる。実は両陛下は19年前の来訪時にも、千代川さんのホテルに泊まった。だが当時、案内役を務めた千代川さんの兄・山崎龍太郎さん(震災当時64)は5年半前の津波で流され、行方不明のままだ。

 震災前、浪板海岸は砂浜と松林が美しい三陸有数の景勝地だった。

 1997年10月、天皇陛下は…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら