【音声】吉川英治が朗読する「新・平家物語」
[PR]

■文豪の朗読

《吉川英治が読む「新・平家物語」 本郷和人が聴く》

 平清盛はまぎれもない「おぼっちゃま」である。祖父も父も豊かな国の国司(知事にあたるが公然と税収を私物化できる)を歴任し、美麗な寺院をドン!と上皇たちに献上した。そんな名家の若様が、この朗読で語られる如(ごと)く、いかがわしい区域に出入りしたり、みみっちい金策の使い走りをするわけがない。

 作者・吉川英治は、小説はフィクションなのだから全く正当なやり方だが、明らかに「うそ」をついている。でもそれは、この長大な小説の中から、わざわざ朗読の場面に選ばれる程(ほど)の、大切な「うそ」であった。そこにはどんな事情があったのか。

 『新・平家物語』は1950年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース