[PR]

 欧州連合(EU)の行政を担う欧州委員会のネリー・クルス前副委員長(元オランダ運輸相)が、カリブ海のタックスヘイブン(租税回避地)バハマに設立された会社の役員だったことが分かった。欧州委員は企業役員の就任歴など経済的な利害関係の申告が義務づけられているが、クルス氏は申告していなかった。

 EUにとって、加盟国の財政悪化につながる「税逃れ」は大きな課題だ。これを規制する側のEU高官とタックスヘイブンとの関わりが明らかになった。

 南ドイツ新聞と非営利の報道機…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら