[PR]

 米国に本拠を置く学術情報サービス会社「トムソン・ロイター」は21日、10月上旬に発表されるノーベル賞の自然科学3賞と経済学賞の新たな有力候補24人を発表した。

 日本人では医学生理学賞候補に本庶佑(ほんじょたすく)・京都大学名誉教授(74)、化学賞に前田浩・熊本大学名誉教授(77)と松村保広・国立がん研究センター先端医療開発センター新薬開発分野長(61)を挙げた。

 本庶氏は、がん免疫療法の発展に貢献した。前田氏と松村氏は、がん治療と高分子薬物に関する研究で、がん組織にピンポイントで薬を送り込む治療法につながる発見をした。

こんなニュースも