[PR]

 資生堂は21日、社内専属のメーキャップアーティストらが初めて企画・開発したブランド「PLAYLIST(プレイリスト)」の商品を売り出した。仕事や子育てに追われる20代後半~30代の女性向けに、素早く美しく仕上がる商品を提案していくという。

 新ブランドは、ファッションショーを支える約40人の専属アーティストの化粧技術やノウハウを活用。マスカラとアイライナーを一緒にした商品(参考小売価格税込み3780円)や、通常より小ぶりで持ち運びがしやすい口紅(同2700円)など14品目をまず売り出し、11月に7品目を追加する。資生堂の専用サイト「ワタシプラス」(https://www.shiseido.co.jp/別ウインドウで開きます)を中心に取り扱う。