[PR]

 オバマ米大統領は21日、ニューヨークでイスラエルのネタニヤフ首相と会談し、イスラエルが進めるヨルダン川西岸でのユダヤ人入植への懸念を強調した。

 米国は、10年間で380億ドルという史上最高額の軍事支援をイスラエルに対して行う覚書に調印したばかり。ネタニヤフ氏は、会談の冒頭で「イスラエルの安全を大いに高める」と感謝を伝えた。

 オバマ氏は「米国とイスラエルの結束は壊れることのないものだ」と述べ、軍事支援がそれを物語るとしたが、一方で「我々は入植活動に強い懸念を持っている」とし、イスラエルが占領地へのユダヤ人入植を進めることに反対する姿勢を強調。さらに、見通しが立っていないパレスチナとイスラエルを共存させる「2国家解決」への今後の道筋を問いただした。

 オバマ政権とイスラエルは、イ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも