[PR]

 日本銀行が金融緩和の枠組みを修正し、長期金利を「ゼロ%」に誘導する新たな目標を設定した。市場に流すお金の「量」から「金利」に政策の軸足を移す。日銀は新たな枠組みで、これまでの3年半で達成できなかった物価上昇率2%の早期達成を目指すが、もくろみ通りに進むのか。米利上げ見送り後の日銀の政策の行方をエコノミスト2人に聞いた。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら