[PR]

 秋分の日の22日、奈良県生駒市の宝山寺で、「生駒聖天お彼岸万灯会」が行われ、参道を行灯(あんどん)の明かりが包んだ。

 生駒山中腹にある宝山寺は、商売繁盛、家庭円満などを成就する「生駒の聖天さん」として知られる。この日は、先祖に日頃の感謝をあらわす法要が行われ、地元の子どもたちが描いた絵や書道家の書が貼られた行灯や境内のろうそくに明かりがともされた。

関連ニュース