[PR]

(22日、日本ハム5―2ソフトバンク)

 負ければ日本ハムは自力優勝が消える。前日に大谷が見せた奮闘も何の意味もなさなくなる試合で、先発の有原は粘った。「昨日、チーム一丸で必死に戦っているのが伝わってきた。雰囲気を壊したくない」。一回に1点を失った後、投球スタイルを変えた。

 得意のカットボールは控えめにした。今季初めてバッテリーを組んだ大野は、「フォークがよかった。対戦成績で苦手な打者もいたし」。四回無死二塁からの3者連続空振り三振や、五回2死一、二塁で内川を投ゴロに仕留めた決め球は、いずれもフォークだった。

 2カ月前に10勝目を挙げた後…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも