[PR]

 米ヤフーは22日、2014年末に最低でも約5億件の個人情報が流出していたと発表した。同社は「外国政府の支援を受けた者が社内システムに侵入した形跡がある」としており、米捜査当局と調査を続けているという。情報流出の規模では過去最大とみられる。ヤフー日本法人は「今のところ日本のヤフー利用者が含まれているという情報はない」としている。

 米ヤフーによると、流出した個人情報は、利用者の名前、メールアドレス、電話番号、生年月日、記号に置き換えられたパスワード、本人確認のための質問とその答えなど。一方、クレジットカード情報や銀行口座の情報は、侵入されたシステムに保管されていなかったため流出していないという。

 米ヤフーは、情報が流出した可能性のある利用者にメールで通知しているほか、パスワードや本人確認の質問や答えを変えるよう広く呼びかけている。

 米ヤフーの広報担当者は朝日新…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも