[PR]

 韓国プロ野球の斗山ベアーズが22日、レギュラーシーズンの優勝を決めた。日本プロ野球で成績を残せず、韓国に新天地を求めたボウデン投手(30)=元西武=とエバンス外野手(30)=元楽天=の2人が、90勝46敗1分(22日現在)の圧倒的な成績を支えた。

 ボウデンは2014年のシーズンに西武に在籍したが、2勝しか挙げられずに戦力外に。エバンスも14年シーズン途中に楽天に加入したが、出場は5試合だけに終わった。

 共に今シーズンから斗山に加入。ボウデンは22日現在でチーム2位の17勝、エバンスも3割を超える打率と同2位の23本塁打、同4位の80打点を挙げる活躍をみせた。

 年俸はボウデンが65万ドル(約6500万円)、エバンスが55万ドル。シーズン後に大幅な昇給が期待できそうだ。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも