[PR]

■筆談でXジェンダーを発信する:ソルトさん(30)

 名刺の裏には、次のように書かれている。「耳が聴こえません。ペンとメモを常に持ち歩いているのでお気軽に筆談でお話しください。エックス(X)ジェンダー(自分を男女どちらとも思わない)として、LGBT(性的少数者の総称)の発信もしています」

 イラストレーターとして働き始めた19歳のころ、「聴覚障害の人に初めて会った」と声をかけられた。「多くの人に知って欲しい」と名刺の裏書きを思いついた。読唇術や筆談で質問をつかみ、さっと紙に書いて答える。

 女性として生まれたが、小さいころからスカートやピンク色に嫌悪感があった。男性という自覚もない。18歳のころにたまたま手にとった本で、「Xジェンダー」という概念を知り、「私、これだ」と胸にストンと落ちた。

 3歳で聴覚を失った。当時はテ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

関連ニュース