[PR]

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第5日は23日、東京・有明テニスの森公園でシングルス準々決勝があり、世界ランキング66位の大坂なおみが予選から勝ち上がったアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)を6―3、7―6で下し、初のベスト4を決めた。日本勢の4強入りは2005年の浅越しのぶ以来、11年ぶり。24日の準決勝でエリーナ・スビトリナ(ウクライナ)と対戦する。

 第2シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)、キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)も勝ち上がった。

こんなニュースも