[PR]

 往復約140キロを初乗り運賃150円で移動するなど、「キセル乗車」を近畿日本鉄道(近鉄)で繰り返したとして、大阪府警は23日、大阪市東住吉区の無職下村聖一容疑者(59)を、電子計算機使用詐欺と鉄道営業法違反の疑いで逮捕、送検したと発表した。下村容疑者は「時間つぶしにやった。7年ほど前から、ほぼ毎日やっていた」と容疑を認めているという。

 東住吉署によると下村容疑者は8月23日、近鉄南大阪線矢田駅(大阪市東住吉区)に150円の乗車券で入場。約70キロ先の同大阪線名張駅(三重県名張市)へ行き、駅から出ずに引き返して約5時間後、矢田駅の隣の南大阪線針中野駅(東住吉区)を出た疑いがある。本来、名張駅との往復乗車料金2140円を支払う必要があった。同24日にもキセル乗車で270円分を免れた疑いがある。

 下村容疑者は、名張駅員らに「ゴミを拾わない」「帽子を浅くかぶっている」などと再三意見していた。この記録から少なくとも2010年以降、281日間で名張駅などを往復。「生活保護を受け、金がなかった」ため、この間もキセルを重ねたと話し、未払い運賃は計39万7300円に上る可能性があるという。

 近鉄が今年9月、電子計算機使用詐欺容疑などで府警に告訴していた。