[PR]

 民進党の蓮舫代表は23日、党本部での記者会見で、自らの台湾籍の離脱手続きが完了したと発表した。台湾当局からこの日午前に連絡があり、台湾での手続きが13日に完了したことが記載されている証明書を受け取ったという。

 蓮舫氏は、自らの発言が二転三転したことについて、改めて「私の事実認識、法的な認識、評価が混乱していたことが適切な理解を妨げていた。おわびしたい」と述べた。記者から台湾の旅券(パスポート)の所持について問われ、「(所持していたのは)子どもの頃のもので、(離脱手続きの)申請書類とともに(台湾当局に)提出している」と説明した。

 代表選では党内の議員に不信感も生まれたが、「私に聞いてくる人もいるので、その都度丁寧に説明している」と述べた。