[PR]

 個性豊かな現代アートが、秋の神戸・六甲山を彩っている。今年で7回目の「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」。山のあちこちに作品が置かれ、山上全体が巨大な「美術館」に様変わり。自然に触れながら、散策を楽しんでみては。

 総勢39組のアーティストが山上の10会場に計44作品を展示中。野外に展示された巨大アートの数々が目を引く。

 「六甲山カンツリーハウス」の池にあるのは、見覚えのあるカップ焼きそば。直径3・6メートルの物体が、まるで空から墜落したように水面から半分だけ姿を見せている。近くの芝生には、本革で作られた3・8メートルの登山靴がある。その名も「SHOE(シュー) LODGE(ロッジ)」。扉があり、作品内に立ち入ることができる。

 六甲有馬ロープウェーの六甲山頂駅。かつて乗り場として使われた建物が高さ4・8メートル、幅6メートルのピンクの猫に占拠されている。

 作者は神戸市在住の飯川雄大さん(35)。「写真ではなく、実物を見ないと伝わらない『衝動』を与える作品をめざしました」

 鑑賞者が参加する交流型のアー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら