[PR]

 大阪市にあるテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイが、東京証券取引所に株式の上場を検討していることが24日わかった。資金調達をしやすくするのがねらいだ。時価総額は数千億円規模になるとみられる。

 ユー・エス・ジェイは早ければ年内にも上場を申請する。東証の審査を受け、承認されれば、証券会社などを通じて株式を売る。

 USJは2001年に開業し、07年にはユー・エス・ジェイが東証マザーズに上場した。だが入場者の落ち込みなどで株価は低迷。09年に米金融大手のゴールドマン・サックス(GS)グループが株式公開買い付けをして上場廃止となった。

 その後、大ヒット映画「ハリー・ポッター」をテーマにした新エリアが人気を集めるなどして業績は急回復。ユー・エス・ジェイは昨年、再上場を申請した。しかし、米メディア大手のコムキャストがGSグループなどから株式の51%を買い取り、傘下に収めたため申請を取り下げていた。