[PR]

     八

 垣巡(かきめぐ)りという運動を説明した時に、主人の庭を結い繞(めぐ)らしてある竹垣の事をちょっと述べたつもりであるが、この竹垣の外がすぐ隣家、即ち南隣の次郎(じろ)ちゃんとこと思っては誤解である。家賃は安いがそこは苦沙弥(くしゃみ)先生である。与(よ)っちゃんや次郎ちゃんなどと号する、いわゆるちゃん付きの連中(れんじゅう)と、薄(うす)っ片(ぺら)な垣一重を隔てて御隣り同志の親密なる交際は結んでおらぬ。この垣の外は五、六間の空地(あきち)であって、その尽くる所に檜(ひのき)が蓊然(こんもり)と五、六本併(なら)んでいる。椽側(えんがわ)から拝見すると、向うは茂った森で、ここに住む先生は野中の一軒家に、無名の猫を友にして日月を送る江湖(こうこ)の処士であるかの如き感がある。但し檜の枝は吹聴(ふいちょう)する如く密生しておらんので、その間から群鶴(ぐんかく)館(かん)という、名前だけ立派な安下宿の安屋根が遠慮なく見えるから、しかく先生を想像するのにはよほど骨の折れるのは無論である。しかしこの下宿が群鶴館なら先生の居は慥(たし)かに臥竜窟(がりょうくつ)位な価値はある。名前に税はかからんから御互にえらそうな奴を勝手次第に付ける事として、この幅五、六間の空地が竹垣を添うて東西に走る事約十間、それから、忽(たちま)ち鉤(かぎ)の手に屈曲して、臥竜窟の北面を取り囲んでいる。この北面が騒動の種である。本来なら空地を行き尽してまたあき地、とか何とか威張ってもいい位に家の二側(ふたかわ)を包んでいるのだが、臥竜窟の主人は無論窟内の霊猫(れいびょう)たる吾輩すらこのあき地には手こずっている。南側に檜が幅を利(き)かしているごとく、北側には桐(きり)の木が七、八本行列している。もう周囲一尺位にのびているから下駄屋(げたや)さえ連れてくればいい価(ね)になるんだが、借家の悲しさには、いくら気が付いても実行は出来ん。主人に対しても気の毒である。先達(せんだっ)て学校の小使が来て枝を一本切って行ったが、そのつぎに来た時は新らしい桐の俎(まないた)下駄(げた)を穿(は)いて、この間の枝でこしらえましたと、聞きもせんのに吹聴していた。ずるい奴だ。桐はあるが吾輩及び主人家族にとっては一文にもならない桐である。玉(たま)を抱(いだ)いて罪ありという古語があるそうだが、これは桐を生(は)やして銭なしといっても然(しか)るべきもので、いわゆる宝の持ち腐れである。愚(ぐ)なるものは主人にあらず、吾輩にあらず、家主の伝兵衛(でんべえ)である。いないかな、いないかな、下駄屋はいないかなと桐の方で催促しているのに知らん面(かお)をして屋賃ばかり取り立てにくる。吾輩は別に伝兵衛に恨(うらみ)もないから彼の悪口(あっこう)をこの位にして、本題に戻ってこの空地が騒動の種であるという珍譚(ちんだん)を紹介仕(つかまつ)るが、決して主人にいってはいけない。これぎりの話しである。そもそもこの空地に関して第一の不都合なる事は垣根のない事である。吹き払い、吹き通し、抜け裏、通行御免天下晴れての空地である。あるというと噓(うそ)をつくようでよろしくない。実をいうとあったのである。しかし話しは過去へ溯(さかのぼ)らんと源因が分からない。源因が分からないと、医者でも処方に迷惑する。だからここへ引き越して来た当時からゆっくりと話し始める。吹き通しも夏はせいせいして心持ちがいいものだ、不用心だって金のない所に盗難のあるはずはない。だから主人の家に、あらゆる塀(へい)、垣、乃至(ないし)は乱杭(らんぐい)、逆茂木(さかもぎ)の類は全く不要である。しかしながらこれは空地の向うに住居する人間もしくは動物の種類如何(いかん)によって決せらるる問題であろうと思う。従ってこの問題を決するためには勢い向う側に陣取っている君子の性質を明かにせんければならん。人間だか動物だか分らない先に君子と称するのは太(はなは)だ早計のようではあるが大抵君子で間違はない。梁上(りょうじょう)の君子などといって泥棒さえ君子という世の中である。但しこの場合における君子は決して警察の厄介になるような君子ではない。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも