[PR]

 生まれたての赤ちゃんの写真、ニューボーンフォト。新しいその写真表現に魅せられた女性がいる。乳がんと闘って身にしみて感じた命の輝きへの思いを、写真1枚1枚にこめる。

■乳がんと闘い、見えた幸せを写真に

 大阪府在住の写真家、平金(ひらがね)朋子さん(47)がお乳のしこりに気づいたのは2008年。医者に行くと、5センチほどの腫瘍(しゅよう)はがんだった。

 自分の身に起こったこととは思えず、涙も出ない。じわじわ恐怖がこみ上げた。私は死ぬのか――。

 右胸を全摘し、再建手術をした。術前、術後と2年近く抗がん剤治療が続いた。吐き気は苦しく、髪の毛もまつげも抜けた。このとき、38歳。「この体で、もう子どもは持てないな」。つらかった。

 メーカーで事業開発をし、テレビ局に転職してアシスタントプロデューサーとなり、がむしゃらに走ってきた。ストレスで体調を崩し、退社。そして、がんとの闘い。交際していた人は病気を知り、去った。「仕事もなく体をこわし、ひとり。どん底でした」

 支えてくれたのは家族だった。おいやめいがいとおしくて、カメラを向けた。優しい気持ちがわきあがる。写真に興味がわき、3年前に妊婦さんを撮るスタジオで働き始めた。

 そんな駆け出しのころ、ネット…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら