[PR]

 酒に酔って駅で寝ていた女性に「酔い止め」とうそをついて睡眠導入剤を飲ませ、相模原市中央区の自宅に監禁してわいせつな行為をしたとして、わいせつ略取などの罪に問われた無職、栗田良文被告(33)の初公判が29日、横浜地裁であった。栗田被告は「わいせつ目的ではなく、女性の髪を触りたかった」と起訴内容を一部否認した。

 弁護側は冒頭陳述で、栗田被告が女性に睡眠導入剤を飲ませて自宅に連れ帰る行為を何度も繰り返していたことを認めた。5歳の頃から女性の髪に強い執着を持ち、高校卒業後は土日になると酒に酔いつぶれた女性を探していたと説明。睡眠導入剤を使わず、髪を触るだけの場合も含めて「何百回もやった」と述べ、「犯行は性依存症などの病気の影響だ」として精神鑑定をするよう地裁に求めた。

 検察側は冒頭陳述で、栗田被告が6月4日午前9時過ぎ、東京都品川区のJR大崎駅のホームで、酒に酔った女性(28)に対し、わいせつ目的で「酔い止めだ」とうそを言って睡眠導入剤を飲ませたと主張。意識を失った女性を電車とタクシーで自宅まで連れ帰って監禁し、わいせつな行為をする様子をデジタルカメラで撮影した、と訴えた。(古田寛也)