[PR]

 独立行政法人・国際協力機構(JICA)がミャンマーへの農業支援の一環で、本来は「除湿機」を注文すべきところ、誤って現地事務所の職員が「加湿機」を購入していたことが、会計検査院の調べでわかった。検査院は加湿機11台の購入費約260万円は不当な支出だと指摘する方針。

 関係者によると、2010年、稲の種子を保管する倉庫に除湿機を設置するため、現地の担当職員が複数の地元業者から見積書を取り寄せ、最も低い価格を示した業者に発注した。ただ、その業者が示した見積書は「加湿機」となっていた。

 英語表記で加湿機は「humidifier」、除湿機は「dehumidifier」。「de」の有無で意味が反対になるが、職員は確認をしていなかったという。

 今年の検査の時点で、購入した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら