[PR]

 イタリア中部を10月30日に襲ったマグニチュード6・6の大地震で、避難者が数万人に膨れあがっている。8月下旬の大地震以降、余震を恐れて車内などに寝泊まりする人も少なくない。被災者たちはやむ気配を見せない地震に不安を募らせ、不自由な生活を強いられている。

 「家が心配だから町を離れず、今日も車の中で寝て様子をみる」。震源に近いノルチャ中心部に住むサンドロ・アントニウッチさん(68)は相次ぐ地震におびえ、ここ10日ほど家の近くに止めた車の中で寝泊まりしていた。「今回の地震は前のよりも恐ろしかった」。幸い自宅は無事だったが、町の中心部全体が立ち入り禁止になり、家にはもう戻れないという。

 ホテル従業員のティツィアーノ・チェラートさん(59)も8月以降、自宅そばの小屋で寝泊まり。「家は耐震なので大丈夫だったが、妻と町を出ようか話し合っている」と語る。

 今回の地震の規模は、1980…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも