宮内庁は1日、故・三笠宮崇仁(たかひと)さまの葬儀費用が総額約2億8900万円になるとの見通しを明らかにした。本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」が約1億3400万円、墓所関連費用が約1億2400万円など。

 2014年6月に逝去した三笠宮さまの次男・桂宮さまの葬儀費用は総額約2億6千万円だった。今回は労務単価の上昇に加え、斂葬の儀が行われる豊島岡墓地(東京都文京区)にモニターを設置するなどしたため増額となったという。

 葬儀費用を国費でまかなうことについて、宮内庁は「葬儀は皇室の行事で行われるが、皇室典範に定められた公的な立場にある方で、国家的な弔意の対象」と説明している。