[PR]

(1日、フィギュアスケート オータム・クラシック)

 けが明けの羽生結弦に、4回転ジャンプを四つ跳ぶ自身初の構成は難しすぎた。「しんどいですね」。演技後、肩で息をした。

 ピアノの旋律に乗り、冒頭からループ、サルコーの2種類の4回転を成功した。だが、滑りの勢いはがくっと落ちた。演技後半の4回転サルコーは3回転になり、4回転トーループは転倒した。「かなりバテた」。最後の3回転ルッツも、両手をついた。

 それでも羽生は笑った。「楽しい。燃えますね」。前日のジャパンオープンで、宇野昌磨がループより難度が高い4回転フリップを成功。参考ながら198点台の高得点を出した。

 「負けるの、嫌いなので」。ライバルの存在が羽生の心に火を付けた。そして言った。「次の試合はノーミスにする。そうじゃないと、羽生結弦じゃない」

 スピードが落ちた原因として、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら