[PR]

 日立製作所が、グループの電動工具事業と半導体製造装置事業の売却を検討していることが5日わかった。日立は原発などエネルギーや鉄道、ITサービスなどを今後の中核事業とする方針で、他の非中核事業は再編の対象とし、収益基盤の強化を図る。

 日立はグループで保有する日立工機の株式と、日立国際電気の半導体製造装置事業を売却する意向で、投資ファンドなどに買収提案を募っている。売却額は総額1千億円規模とみられる。

 日立工機と日立国際電気はともに東証1部上場で、日立グループが株式の半数超を持つ。日立工機は電動工具大手で、2016年3月期の売上高は1415億円。日立国際電気の同期の売上高は1807億円。

 日立は原発などエネルギーや鉄…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら