[PR]

 今年に入り、東京・渋谷のセンター街で、外国人による落書きが相次いで摘発された。「渋谷は落書きが許される」という誤ったイメージを外国人旅行者にもたれないように、渋谷区などは英語で落書き禁止を告げるポスターを貼り出したり、落書きを消す作業に乗り出している。

 「WARNING NO! graffiti(警告 落書き禁止)」

 渋谷区や商店街などでつくる「渋谷地区美化推進委員会」は4日、渋谷センター街でA3判ポスターを貼り出し、落書きを消す一斉作業をした。ポスターは区が制作し、英語での呼びかけは初めてという。

 きっかけは、9月9日深夜、センター街で米国人旅行客の20~40代の男4人が建造物損壊容疑などで逮捕された事件だった。店舗のシャッターなどにスプレー缶で文字や花柄の模様を吹き付けたとされる。渋谷署によると、男たちは「米国で知人から、渋谷はストリートアートが許可された場所と聞いた」と供述。リュックサックには入国直後、都内で購入したスプレー缶24本が入っていた。

 センター街では今年3月にも、米国人観光客の30代の男が店舗のベニヤ板にスプレーで自分の名前のイニシャルなどを吹き付けた疑いで逮捕されている。この男も「落書きは合法だと思った」と話し、都内で購入したスプレー缶を6本持っていた。同署は、落書き目的で渋谷を訪れたとみている。

 渋谷駅周辺の繁華街などの落書き被害は今年に入って急増している。10月14日までの同署への被害届は101件で、昨年1年間の71件をすでに上回る。

 センター街で40年余り青果店を営む佐川文雄さん(67)は「渋谷はここ数年、外国人観光客がとても多い。勘違いした外人さんの落書きが増えないか心配だ」と話す。

 店周辺の外壁や入り口のテント…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら