[PR]

 文化庁は31日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に推薦していた「山・鉾(ほこ)・屋台行事」(18府県の計33件)について、事前審査をしていた評価機関が「登録」を勧告したと発表した。同庁によると評価機関の登録勧告が覆った例はなく、11月末~12月初めにエチオピアである政府間委員会で正式に登録が決まる見通しだ。

 無形文化遺産は、文化の多様性や人類の創造性を示していると判断された芸能や祭り、社会的慣習、伝統工芸技術などが対象。世界で336件が登録され、日本からは歌舞伎や能楽、和紙、和食など22件が登録されている。

 「山・鉾・屋台行事」の関連では、2009年に「京都祇園祭の山鉾行事」(京都市)と「日立風流物(ふりゅうもの)」(茨城県日立市)の2件がすでに登録されている。無形文化遺産の登録数が増えるに連れて同分野の文化財の単独登録が難しくなっているため、政府は、登録済みのものの範囲を広げる形で「秩父祭の屋台行事と神楽」(埼玉県秩父市)や「高山祭の屋台行事」(岐阜県高山市)、「長浜曳山(ひきやま)祭の曳山行事」(滋賀県長浜市)、「博多祇園山笠行事」(福岡市)など東北から九州まで16県の31件を追加した。

 33件は地域の安泰や災厄よけ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら