[PR]

 がん研究会(東京都江東区)は5日、がん患者一人ひとりに最適な治療法を提供するための研究に取り組む「がんプレシジョン医療研究センター」を設立したと発表した。

 プレシジョン医療は、患者の遺伝子情報などを調べ、その患者に最適な治療を提供するもので、「個別化医療」とも呼ばれる。

 センターは、この分野に詳しい中村祐輔・米シカゴ大教授を特任顧問に招き、現在あるゲノムセンターに新たに2部門を追加する形で1日付で設立された。

 患者のがん細胞の遺伝子変異に応じて最適な抗がん剤を選択する治療技術や、患者の少量の血液からがん細胞が分泌した物質を検出して早期発見・再発予測につなげる検査法などの確立や実践を目指すという。外部の企業と連携し、遺伝子情報など患者のデータから治療に役立つ情報を提示する人工知能(AI)の開発も進めていく方針だ。

 草刈隆郎理事長は「米国ではプレシジョン医療の実現に多くの資金が投入されている。こうした世界の流れをフォローアップし、日本人のがん患者のためのプレシジョン医療の開発を目指したい」と話した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/

(川村剛志)