[PR]

 大津市立中学校2年の男子生徒(当時13)が、いじめを受けて自殺してから11日で5年。男子生徒の父親(51)は越直美市長らと市役所で会見を開き、「子どもを取り巻く環境に、周囲の大人のいじめへの認識によって格差が生じている」と危機感をあらわにした。

 父親は、全国でいじめを苦にして自殺した子の遺族を支援している。遺族から「大津のいじめ問題は知っていたが、まさか自分の子がそんな状況になるなんて」と言われたことを振り返り、「教育現場は変わっていない」との認識を示した。

 2013年、大津の問題をきっかけに施行された「いじめ防止対策推進法」にも言及。支援するなかで、子ども同士のやりとりを「じゃれ合い」として放置していたり、学校に策定が義務づけられているいじめ防止基本計画の内容を把握していなかったりする教員がいたとして「いじめを正しく理解していない自治体や学校関係者が多い」と指摘した。

 父親は「いじめで人は自殺して…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら