[PR]

 肥満や生活習慣病の防止のため、糖分入りの飲料に対して課税を――。世界保健機関(WHO)は17日までに、こんな提言を盛り込んだ報告書を発表した。たばこへの課税と同様の対応を推奨し、小売価格を最低2割上げれば、消費も2割ほど減ることが期待できるとしている。

 今回の提言は、生活習慣病などの防止に向けた財政研究の報告書に盛り込まれた。糖類の過剰摂取が糖尿病や肥満につながることから、WHOの担当者は「糖分を含む飲料などに課税すれば、病気を減らし、命を救える」と主張している。

 WHOによると、2014年現…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら