[PR]

 SMAPの稲垣吾郎さんが出演している映画「少女」が8日に公開され、2カ所の映画館で2回ずつ初日舞台あいさつが行われ、そのうちの1回がマスコミに公開されました。

 ファンの方ならご存じですよね。この映画は、「十三人の刺客」の吾郎さんをご覧になった三島有紀子監督が吾郎さんに熱烈オファーをしたという作品です。

 実は、当初、吾郎さんが取材に対応したり、PRに稼働したりしないのではないかと言われていました。理由として、吾郎さんは今回、主演ではないということ。そして、吾郎さんが出てしまうとマスコミがどうしてもSMAP解散について話題にしてしまうため、主演の本田翼さんや山本美月さんに申し訳ない……と吾郎さんが気にしているのだと伝わってきていました。

 果たして初日、吾郎さんは4回すべての舞台あいさつに登壇。トークにそれほど慣れていない主演のお二人をもり立てたり、もっと慣れていないと思われる原作者の湊かなえさんのフォローをしたりと大活躍だったのです。

 マスコミ回の舞台あいさつは、上映終了後に行われたため、いわゆる“ネタバレ”になる箇所がたくさんありました。なので、そこだけはカットして、でも、吾郎さんの言動はほぼ漏らさず、書かせていただきたいと思います。

 司会は「ノンストップ!」(フ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら