[PR]

 対話アプリ大手のLINE(ライン)は13日、レストランなどへの出前を取り次ぐサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会(大阪市)に出資し、この事業に参入すると発表した。10月中に既存株主から発行済み株式の2割を40億円で取得して持ち分法適用会社にする。

 LINEは国内で6200万人いる対話アプリの利用者に多様なサービスを提供する戦略を進めている。出前取り次ぎもその一環だ。出前館は利用者830万人超、加盟店舗1万3600超を持つ。

 両社は5月に業務提携し、「出前館onLINE」を開設。決済手段「LINEペイ」で支払えるようにするなど、関係を深めていた。今後は対話アプリに出前情報を届けるサービスを検討するという。

こんなニュースも