[PR]

 15日午後7時15分ごろ、福岡市南区南大橋1丁目付近の住民から「女性が『助けて』と言っている」と110番通報があった。警察官が駆けつけると、アパート2階の外廊下に女性が血を流して倒れていた。体の前面に刺し傷があり、重傷で意識がなく、福岡県警は殺人未遂事件とみて捜査を始めた。

 南署によると、女性は、このアパートに住む保育士の肱岡(ひじおか)綾音さん(28)。アパートは2階建てで1階と2階に3部屋ずつあり、オートロックではない。肱岡さんは2階の自室の玄関前付近に倒れていた。そばに凶器とみられる刃物があり、署が押収した。肱岡さんは一人暮らしという。

 刺したとみられる人物は逃げており、県警が捜している。

 現場は西鉄天神大牟田線大橋駅の南西約700メートルで、周辺はアパートや一軒家が立ち並ぶ住宅街。近くの60代女性は「刺した人物がまだ見つかっていないようなので怖い」と話した。