[PR]

 首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)で9月に発売された新築マンションは、前年同月比40.9%増の3424戸だった。不動産経済研究所が17日に発表した。増加は10カ月ぶりだが、大型物件の売り出しなど一時的な要因が大きいという。契約率は72.0%で、好不調の目安となる7割を4カ月ぶりに超えた。4~9月の発売戸数は1万6737戸で、前年同期より12.4%減。1992年度上半期(1万357戸)以来の低水準だった。

こんなニュースも