[PR]

 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ(70)は、米メディアから「無知、ペテン師」などと評され、人種差別・女性蔑視の発言で批判される。計3回のテレビ討論会でも劣勢を跳ね返せず、窮地に陥った。それでもなお、支持を続ける人たちがいる。なぜ、こんな人物が大統領候補になったのだろう。

 「トランプが国境を守れるように頑丈なフェンスを作っている」。米東部ペンシルベニア州シャロンのバーで、フェンス工場で働くロニー・リッカドナ(37)が冗談を飛ばした。

 近くを流れる川沿いにはかつて製鉄所が並んでいた。グローバル化による国際競争に敗れて、多くは閉鎖や縮小に追い込まれた。一帯は典型的な「ラストベルト」(さび付いた地帯)と呼ばれ、工場や住宅の廃虚が目立つ。

 「たまたま生まれたのがさびれた町だった」とグラスを傾ける。時代や生まれた所が違えば、違った人生があったはずだ、と。

 大学でデザインや広告を学んだが就職できず、二つ目の大学で父と同じ航空管制を専攻した。2008年に優秀な成績で卒業し、連邦航空局に願書を出した。毎年書類を更新し、尿検査や身体検査も受け続けた。しかし、8年が過ぎ、年齢制限で出願すらできなくなった。「大学で借金7万ドル(約730万円)を背負ったが、国に見捨てられた。本当は気がおかしくなってもいいはずなんだけどな」

 コメディアンになる夢を追ってニューヨークに出たこともあるが、友人や家族が恋しく戻ってきた。6歳の息子を一人で育てる。「息子が俺のすべてだが、高校を卒業したら『この街をとっとと捨てろ』とはっきり言うつもりだ」

 別れ際に本音が出た。ずっと民主党支持だったが、今回はトランプに投票するという。「あいつは大バカ野郎だ。人種差別的な発言もする。でも、権威ある相手にもひるまず、本音むき出しでやり返すカウボーイ。エリートが支配するワシントンを壊すため、1期4年だけ任せてみたい」

 長く民主党を支持した白人労働…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら