[PR]

 女性を盗撮したわいせつな無修正動画を有料アダルトサイトで配信したなどとして、福岡県警が沖縄県のサイト運営会社の従業員ら十数人を、わいせつ電磁的記録有償頒布目的保管やリベンジポルノ防止法違反の疑いで逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。従業員らはすでに起訴され、一部は19日に初公判がある。

 サイト(現在は休止)は「盗撮にこだわった」とうたい、トイレ内で盗撮した動画などを配信。県警は売り上げが数億円にのぼっていたとみている。

 捜査関係者によると、従業員らの逮捕容疑は、女性の裸などが映った無修正の動画をサイトに掲載するためにそのデータを保管していたなどというもの。

 動画の一部には、盗撮された女性の名前の一部が掲載されていた。個人が特定されうる状態だったため、県警はリベンジポルノ防止法が拡散を禁じた「私事性的画像記録」に当たると判断した。(井上怜)