[PR]

 プロ野球広島東洋カープの黒田博樹投手(41)が18日、今季限りでの引退を表明した。この日、広島市のマツダスタジアムでの練習前、選手たちに「個人的なことですが、今シーズンを最後にユニホームを脱ぐことを決めました。素晴らしい夢を見させてもらった。最後に笑顔で優勝して、みんなでもう一回ビールかけをできたらいい」と話した。

 黒田投手は大阪府出身。大阪・上宮高、専修大を経て1996年秋のドラフトで広島を逆指名し、2位で入団。08年から大リーグのドジャースとヤンキースで計7年間プレーした。15年に広島に復帰し、今年7月には日米通算200勝を達成した。

 広島と日本ハムが対戦する日本シリーズは22日、広島市の本拠マツダスタジアムで開幕する。

こんなニュースも