[PR]

 東京六大学の秋季リーグ戦は18日、東京の神宮球場で第6週の3回戦があり、早大が明大に勝って、勝ち点を挙げた。これで法大、東大を除く4チームが勝ち点3で並ぶ混戦。ただ、明大は勝率が高く、来週の立大戦で勝ち点を奪えば、優勝が決まる。

 早大は同点の七回、佐藤晋(3年、瀬戸内)が決勝の中前適時打を放った。七回から登板した二山(3年、早稲田実)がリーグ戦初登板初勝利を挙げた。

     ◇

早大5―4明大

■早大、ドラフト候補を攻略

 早大はドラフト1位候補の明大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも