[PR]

 19日午前4時10分ごろ、大阪府門真(かどま)市四宮2丁目の大工・川上幸伸(ゆきのぶ)さん(43)方から「家に知らない男が入ってきて、父が刺された」と110番通報があった。大阪府警によると、川上さんが胸や腹を刺され、搬送先の病院で死亡。川上さんの長女(19)、次女(17)、長男(15)が腕などを切られてけがをしたが、いずれも意識はあり、命に別条はないという。

 府警は、現場にいた定時制高校生の小林裕真(ゆうま)容疑者(24)=門真市北岸和田3丁目=を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて捜査している。小林容疑者は、「はっきり覚えていない」などと供述。意味の通らない話をしていることなどから、府警が刑事責任能力を調べている。小林容疑者は、川上さん宅から南に約700メートルの民家に住んでいるという。

 門真署などによると、川上さんは5人暮らしで、当時は全員2階で寝ていた。長女の娘(1)は無事だった。小林容疑者は川上さんに馬乗りになって刺し、3人を切りつけた後、長男に取り押さえられ、長女が通報。駆けつけた警察官に引き渡された。1階居間の窓が割られており、ここから侵入したとみられる。

 2階の廊下に血の付いた刃渡り約30センチの短刀が落ちており、小林容疑者が背負っていたリュックサックに同20センチの刺し身包丁となたが入っていた。門真署は短刀が犯行に使われ、小林容疑者が凶器を用意したうえで、計画的に川上さん宅に侵入したとみている。

 長女は署に「(容疑者と)面識はない。父とのトラブルも思い当たらない」と話し、過去に警察への相談もなかったという。小林容疑者と一家に、接点があったかどうかも調べる。

 現場は京阪本線萱島(かやしま)駅から南東に約1キロの、住宅や倉庫などが集まる地域。