天皇陛下は19日、皇居・御所でブラジルのテメル大統領と会見した。

 陛下は車寄せに到着した大統領を出迎えると、握手を交わした。宮内庁によると、日系人が話題になり、陛下は「日系人の人たちが(ブラジルの)様々な分野で活躍していることをうれしく思います」と話した。

 大統領はリオデジャネイロ五輪について、日本選手団が開会式で入場した際に大きな歓声で迎えられたことを紹介し、陛下は興味深く耳を傾けていたという。

 また、大統領は20日に誕生日を迎える皇后さまへの祝意を伝え、陛下は「祝意に感謝します」とこたえた。