[PR]

 日本相撲協会から師匠の辞任勧告が出ていた大相撲の春日山親方(元幕内浜錦)が19日、協会を訪れて勧告を受け入れると伝えた。「これ以上の混乱を生じさせるわけにはいかないため」とだけ理由を話し、「弟子たちに大変申し訳ないことになってしまった」と謝罪した。親方は9月の秋場所中、稽古場で指導していなかったことが発覚。協会は師匠として不適格と見なし、辞任を勧告していた。春日山部屋の力士は追手風部屋に移る。