[PR]

 障害者ゴルフをパラリンピックの正式競技にしようと、競技団体が活動に力を入れている。各地でイベントを開いて普及に力を入れているほか、世界選手権も開くなど、競技採用に向けて一つひとつ実績を積み上げようとしている。

 国内の障害者ゴルフの歴史は25年ほど。1991年に連盟が発足し、その後、日本障害者ゴルフ協会となって、主に関東でイベントを開いてきた。「リハビリにもなる」との評判が広がり、協会の会員数は91年の33人から現在は約500人に。今年、中部と関西に支部ができた。

 手や足に障害がある人たちがプレーするが、使うゴルフクラブは通常のゴルフと同じもの。9月に津市のゴルフ場であった協会中部支部の月例会では、片腕で巧みにクラブを操る人や、車いすでプレーを楽しむ人がいた。

 協会によると、リオデジャネイロ五輪でゴルフが正式競技に採用されることが決まった2009年以降、「パラリンピックでもゴルフを」との声が各国から上がった。採用されるには定期的な世界選手権の開催や、世界ランキングの整備などが条件だという。

 「ゴルフ場の理解や選手の発掘…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも