海上自衛隊の新護衛艦の命名・進水式が19日、長崎市の三菱重工業長崎造船所であり、「あさひ」と命名された。今後内装工事などを行い、2018年3月に完成する予定。配備先は決まっていない。

 海自によると、あさひは全長151メートル、幅約18・3メートル、排水量5100トン。護衛艦では初めて、ガスタービンエンジンと電気モーターを併用して動く。潜水艦などの捜索能力も向上したという。建造費は759億円。(高橋尚之)