【動画】JR飯山線でSLの試運転=関口佳代子撮影
[PR]

 蒸気機関車(SL)が19日、長野・飯山駅から新潟・長岡駅までの約100キロを走り抜けた。JR東日本が11月19、20両日に予定するイベント運行のための試験走行で、SLが長野県内の飯山線を走るのは44年ぶり。

 真っ黒で、重量感のあるSL(C11)は午前8時52分、煙を上げ、汽笛を鳴らしながら飯山駅を出発。沿道に集まったファンらが一斉にカメラやビデオで撮影した。予定通り森宮野原駅=栄村=での給水を経て、時刻通り午後2時47分に長岡駅に到着した。

 飯山駅近くで見送った千葉県習志野市の阿出川栄次さん(64)は「汽笛の音を聞いて子どもの頃を思い出した。本番は雪景色が入ればいいかな」。飯山市民有志らでつくる「飯山線SL運行を応援する市民の会 飯山」の明石洋一会長(49)は「SLで人が集まると実感した。出発後も飯山にとどまり、楽しんでいってもらえるようにしたい」と本番に期待を込めた。

 SL運行は2015年5月、長野、新潟両県と飯山市など飯山線沿線の自治体で作る「飯山線沿線地域活性化協議会」が、JR東日本に16年度中の運行を要望、同社は今年8月、運行計画を発表した。(関口佳代子)