NTTドコモの吉沢和弘社長は19日、海外で発火事故が多発しているサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」について、「発売を検討していたが、取り扱わないことを決めた」と述べた。サムスン側からも日本での販売を見送ると申し入れがあったといい、他社からも発売されない見通しだ。

 吉沢社長は「問題を改善した後の製品が米国の航空機で発火し、リコール対象となったことで見送りを決めた」と説明。販売中のサムスン製品については「(発火問題の)影響で販売が落ちていることはない」とした。