[PR]

 環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案をめぐって、「強行採決するかは衆院議院運営委員長が決める」との山本有二農水相の発言が波紋を広げている。民進、共産両党は19日の衆院TPP特別委員会の審議を拒み、山本氏の辞任を要求。菅義偉官房長官や与党幹部らも苦言を呈した。今国会で衆参両院の過半数を握った自民党の「おごり」が目立っている。

 問題の発言は18日夜、自民の佐藤勉・衆院議運委員長のパーティーで出た。「強行採決するかどうかは、この佐藤勉さんが決める。ですから、私ははせ参じたわけでございます」と山本氏が笑顔であいさつすると、会場は笑いに包まれた。居合わせた閣僚や自民幹部から発言をとがめる声はなかった。

 しかし、19日朝、報道で発言を知った民進、共産両党が「担当大臣が強行採決に触れるなんて前代未聞だ」(民進・山井和則国対委員長)と反発。午後1時から予定されていた特別委の審議に応じず、山本氏の辞任と「強行採決をしない」との特別委委員長の誓約書を求めた。

 TPP承認案をめぐっては、特…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら