[PR]

 20日午後8時ごろ、北九州市八幡西区の産業医科大学病院から「薬品保管庫の鍵と薬のアンプルがなくなっている」と110番通報があった。福岡県警が調べたところ、薬品保管庫などの鍵束と保管庫に入っていた鎮痛剤のアンプル2本がなくなっていた。さらに、患者に投与中の点滴1本と未使用の2本に、針で開けたような穴が開いていた。折尾署は窃盗と器物損壊の疑いで調べている。

 署や病院によると、20日午後11時半ごろ、通報後に異状がないか巡回していた看護師が、病院9階で入院中の男性患者(58)のベッドの枕元がぬれているのを発見。投与中の点滴が漏れていた。患者には健康被害は出ていないという。ナースステーションに保管されていた未使用の点滴2本にも穴が開けられていた。県警は点滴に異物が混入されていないか調べている。

 それより前の20日午後1時半ごろ、薬品や麻薬の保管庫などの鍵を含む6本の束が、ナースステーションからなくなっていることに職員が気づいた。午後6時半ごろには、薬品保管庫が解錠され、鎮痛剤がなくなっていることに気づいたという。なくなった鎮痛剤は「ソセゴン注射液」のアンプル(15ミリグラム入り)で、9階のナースステーション準備室に置いていた薬品保管庫に施錠して保管されていた。

 記者会見した佐多竹良病院長は「患者の皆様らに多大なご心配をおかけしたことを深くおわびいたします」と頭を下げた。

 産業医大は、産業医学の振興や産業医養成を目的に1978年に開学した。同病院は北九州地域唯一の高度な医療が提供できる「特定機能病院」で、病院ホームページによると病床数は678床で診療科は21科ある。